京都祇園の料理屋「や満文青木庵」は京都人が愛する隠れ家的な料理店です。
石畳の花見小路をちょっと東に入ったところ。

京都 や満文

祇園に移る前は西ノ京円町にお店がありました。
建物はホンモノの町家で、100年を超える元お茶屋の建造物。懐かしい古い時代の京都の雰囲気が漂い、料理が出て来る前からほっこりできます。
ひとり4000円くらいからコース料理が食べられるので、あまり観光客には教えたくないお店といえます。
人数が多ければ座敷席もありますが、カウンターのほうがメインっぽいでしょうか。
いわゆるおばんざいの種類が多く、お酒を飲む方にも最適です。地元の農家から直接仕入れている京野菜や季節の旬の魚介がたっぷり使われています。もちろん出汁には究極のこだわりがあります。
また、寒い冬には「ふぐの七厘焼き」が最高です。


その「や満文青木庵」のおせち料理は通販で手に入れることができます。

京都 や満文のおせち

京都地元民が愛するお出汁のしみこんだ幸せな味をご堪能ください。

祇園やまぶんのおせちは東急百貨店のオンラインストアで注文できます。
》 》 東急のおせちを見る